Skip to main content

テクニス® オプティブルー®IOL

product photo

担当者に連絡するか、デモをスケジュールしてください。

FOOTNOTES

*平均的な白内障患者さんに基づきます。

**平均的な偽水晶体眼に基づきます。手術方法、装置、レンズモデルの使用経験、手術後の結果に基づいて、執刀医がA定数をパーソナライズすることを推奨します。

REFERENCES

  1. テクニス® ワンピースIOL[米国添付文書]。Santa Ana, Calif.: Johnson & Johnson Surgical Vision, Inc.
  2. Mainster MA。Violet and blue light blocking intraocular lenses: photoprotection versus photoreception(紫色光および青色光ブロック眼内レンズ:光防護と光受容の比較)。Br J Ophthalmol. 2006;90:784-792.
  3. 社内資料:Johnson & Johnson Surgical Vision, Inc.、2013年。
  4. Nagata Mほか。Clinical evaluation of the transparency of hydrophobic acrylic intraocular lens optics(疎水性アクリル眼内レンズオプティクスの透明度の臨床評価)。 JCRS。 2010年12月;36(12):2056-60。
  5. Van der Mooren M、Franssen L、Piers P。Effects of glistenings in intraocular lenses(眼内レンズのグリスニングの影響)。 Biomed Opt Express。 2013年7月11日;4(8):1294-3041。
  6. Hayashi Kほか。Long-term effect of surface light scattering and glistenings of intraocular lenses on visual function(視機能に関する眼内レンズの表面光散乱およびグリスニングの長期的影響)。 J Ophthalmol.Am 2012年8月;154(2):240-251。
  7. Artal P、Alcón E、Villegas E。Spherical aberration in young subjects with high visual acuity(視力が高い若い患者さんの球面収差)。Paper 558(ペーパー558)。第24回ESCRS会議にて発表、2006年9月9日~13日、ロンドン(イギリス)。
  8. Nixon DR。New technologies for premium outcomes: Next generation phaco and TECNIS 1-piece IOL(高品質な成果のための新しいテクノロジー:次世代フェイコとテクニス ワンピースIOL)。第25回ESCRS会議にて発表、2007年9月8日~12日、ストックホルム(スウェーデン)。
  9. ホラデーI式に基づく計算:Holladay JT、Prager TC、Chandler TY、Musgrove KH、Lewis JW、Ruiz RS。A three-part system for refining intraocular lens power calculations(眼内レンズ度数計算精度向上のための3パートシステム)。JCRS。 1988年;14(1):17-24。

PP2018OTH4438